ASOBOのアプリをやってみた

   2017/03/14

ASOBOは2001年に誕生し、会員数が500万人を突破したSNSの出会いアプリである。PCMAXより一足先に誕生したが、出会い系業界では7番手に甘んじている。

asoboのトップページ

無修正画像のアップロードを放置したことで家宅捜索された黒歴史があり、その事件からアダルト系の画像と動画が一掃されている。

スマホはアプリのみ

スマホから新規登録をすると専用アプリ(ASOBO i BROWSER)のインストールに促されてブラウザからは利用できない。

ガラケー、パソコンからはブラウザで利用が可能だ。
出会いアプリのBestmate(ベストメイト)は、同じユアネットが作っていて、ASOBOとアカウントの提携ができる。
どちらを使っても構わないが、ダウンロード数は、ベストメイトのほうが多い。

ASOBOにスマホでアクセス

プロフィールを作成したら、
18歳以上である確認と電話番号の登録をするだけで150ポイント(1500円分)が入る。

ASOBOで登録した時に貰えるポイント

どこの出会い系も新規登録ポイントはおいしいので、いろいろなサイトを積極的に試せば無料で出会い系をつかう裏技も可能だ。

ASOBOの通知設定

ASOBOはプッシュ通知は邪魔くさいのでOFFにしておこう。YYCも通知をOFFにした。
アプリはすぐにステータスバーに表示されるからうっとおしいため、基本的に他の出会い系はブラウザから利用している。

ASOBOの料金

ASOBOの消費ポイントは大手と変わらず、メールの送信が5ポイントになっている。
プロフィールにアクセスしてもポイントが消費しないのは嬉しい。
(大手ではワクワクメールとハッピーメールが消費しない)

ASOBOのポイント消費

ポイントの購入

入金方法はiPhoneならAppStoreでAndoroidならGooglePlayで登録したクレジットカードからすぐに引き落としできる。

ASOBOの決済ポイント購入

だが、アプリからの課金はアップルやグーグルが手数料をたんまりとってるから換金率が悪い。出会い系はアプリ課金にすると損するシステムなのだ。
このようにクレジットカードや銀行振り込みのほうが良いのがわかる。

ASOBOのその他の入金

最大手のPCMAXは本屋やアダルトショップにプリペイドカードが売られているのでそこからポイントを追加することもできる。

体験してみた

ASOBOはメールレディやサクラもいないが、そもそも女自体が少ないため、相手を探すのも一苦労だ。
お試しポイントに加えて2000円を課金して、全力でメールをしたが、LINEの交換が2人とできただけで、会うまでには至ってない。

練習用やサブ用の位置づけとしてなら価値あるサイトといえるが、課金までして使う価値はない。

退会が面倒くさい

3クリックで退会できる出会い系が多いため、ASOBOは比較すると手間である。

ASOBOの退会はメインメニューの下の方にある会員サブメニューを選択する。

ASOBOの会員サブメニュー

会員脱退があるので、タップする。

ASOBOの会員脱退

退会するな!と粘りの広告がでる。
ポイントゲットの未公開サービスw

ASOBOの未公開サービス

それも無視して退会するを選ぶと、退会時にポイントがなくなり、データが消えるという注意事項に加え、退会理由も書かなければならない。
書かずに進めようとすると、もう一度このページで書くように促される。

ASOBOの退会時の注意

「会えないから」と書いて次に進むと、また、確認をしてくる。
いい加減、うざいっす。

ASOBOの退会の確認

ここで脱会を選択することにより晴れて完了だ。

ASOBOの退会完了

ASOBOの退会は5クリック+理由がかかった。
ネット上にプロフィールを残してもいいのなら、アプリをアンインストールして終わらせてもよい。