援デリとは

   2016/10/22

援デリとは出会い系で素人のふりをして援助交際を持ちかける業者である。届け出をしていない個人のデリヘル業者という表現がしっくりくる。

援助交際デリヘル

素人と思って会ったが、よく考えてみたら援デリだったというケースも多い。

出会い系にいる援デリの特徴

出会い系にいる援デリは風俗のデリバリーヘルスと比較してメリット・デメリットがある。

  • 本番ができる
  • ソープに比べると激安
  • 交通費や延長料金がとられない
  • 非常に時間にせわしくセックスも業務的
  • 店の余った女が来る時もある
  • 素人ということになっているので会話もほとんど無い

相場はデリヘルと同様1万円から2万円ぐらいであるが、
デリヘルは指名料、交通費、オプション料金がかかる場合もあるため
出会い系を経由したほうが多少お得である。

出会い系の援デリのプロフィール

プロフィールで援デリを見分ける方法について。素人が書いたプロフィールはこれ。

出会い系のプロフィールの好みの年齢

希望する相手の年齢は若く、身長は高く、タバコも避け、とにかく真剣に彼氏を探しているのが分かる。
だが、援デリは金さえ入ればいいから、えり好みなんてしない。

好みの年齢

出会い系のプロフィールには好みの年齢を書く場所がある。
年上が好き、年下が好き、タメが好き、いろいろあると思うが10代~60代が好きな子はまずいない。
消している場合も同様でわざわざ好みの年齢の表示をプロフィールから削除する必要はないはずだ。

しがたって、年齢を削除していたり許容範囲が大きすぎたら間違いなく援デリだ。

車の有無

軽自動車

これは東京や大阪などの都心では使えないのだが…田舎すぎて車がないと生活できない地域が多い。

女が援デリかを判断するのは車の有無を確認しよう。
日本の田舎でOLになっていて車を持っていないというのは、ありえないのだ。

だが、出会い系のプロフィールにあえて車の有無の欄を消したり車ナシとなっている女がいる。
そいつはほぼ、援デリと言える。送迎があるから、車が無いのほうが都合が良いのだ。

集合時間の10分前ぐらいに待機してみれば、フルスモークのワンボックスが近くに停まっているはずだ。

確認したところPCMAX、イククル、ワイワイシー、ワクメ、ハピメではすべてプロフィールを編集しようとすると、車所有の表示がある。
車の所有を未記載にしている場合は99%業者と判断して良いだろう。

出会い系の援デリのメール

  1. 写メをかたくなに拒否する
  2. 写メが目隠し写メ(しかも会ってみるとその目隠しの本人ですらない)
  3. 条件としてホ別2ゴム有で1回戦、1時間くらいとかいうのがほとんど。
  4. 1時間で1回戦とかやけに具体的
  5. 募集内容があからさまにエロくて下品で絵文字を使う
  6. コロコロ名前を変更するがが写メ(もちろん目隠し)や文面は同じ
  7. 指定してくる場所がホテル街の近くにある駅や高速インター付近がほとんど
  8. 話がやけにスムーズ

写メを拒否する理由を問うと

  1. 「悪用が怖いから」とおきまり文句をいう。
  2. どう悪用されたのかを問うと、「そんなに疑うなら他の人を探す!」などと逆ギレ。

    facebookで顔が出ている時代にわざわざこんなサイトの写メを悪用などする奴なんていない
  3. 相手が素人の場合は写メを見せてくれることの方が多い。

    (見せてくれない子もいるがその場合地雷が多い)

約束

  1. 会う約束を取り付けた直後に車の種類や色、Noを聞いてくる。
  2. プロフは充実しておらず、日記はもちろん何もなし。
  3. 写メはどこかの拾いもの。
  4. メールのやり取りは前後の脈絡が無い会話や質問の回答にならないことあり。
  5. 相手のキャリアがPCの場合は特に気をつける。

待ち合わせ場所では

  1. 待ち合わせ場所では向こうが先に立っているってことはほとんどない。
  2. 意地でもこっちを先に立たせる。
  3. 向こうが先に来ているはずなのにとにかくこっちを確認してからでないと現れない。
  4. たいてい近くに怪しいミニバンが意味もなくずっと停車している。
  5. 運転席にはチャラ系が乗っていることが多い。害は無いが気分が悪い。
  6. 勝手に助手席に乗り込んでくる
  7. 決して先にこちらから立っていてはいけない。ドタキャンが難しくなる

セックス

  1. ホテルに付くやいなや、メールもしくは電話。
  2. ホテルで風呂にはいる直前に前払いを要求。
  3. 会う前のメールでの約束ごとを覚えていなくて(知らされていない)話が食い違う。
  4. 食い違うことの言い訳は決まって「このサイトは友達と共用している」と言い訳。
  5. 「友達が見るかも知れないので今回のことはサイトで言わないで」と予防線。
  6. エッチは至って事務的でとにかく早く入れて射精させようとする。
  7. 勃起したらすぐにゴムを装着し挿入を求められる
  8. (こちらの希望は無視されクンニやバックを拒否など終始ムカつく態度)

  9. せめて長くしてやろうと思うが、前戯なしの挿入は意外とすぐにイッてしまう
  10. 終わると女は間髪入れずに一人でシャワーへ、やはりすぐに出てくる
  11. ホテルを出る前にもメールもしくは電話。
  12. 待ち合わせ場所で会ってから別れるまでは1時間以内。

このように援デリはデブスをあてがい短時間で終わらせる。
行為自体のルールがないので文句の言いようがなく厄介だ。

アフター

  1. 再度アポを取ると忙しいのでと友達を紹介してくる。
  2. メモをしておくと名前や年齢、住所、その他のプロフの内容がころころ変わる。
  3. 再び連絡を取って会うと別人がやって来ることがある。

出会い系で援デリに当たってもええやん

今まで対策を書いていながら元も子もない話になるのだが…

出会い系サイトではなく普通にデリヘルを呼ぼうとすることもあるが値段が高くて諦めてしまう。
60分で1万6000円+交通費2000円+ラブホ代5000円が相場だ。

デリヘルは「細い子」と指定するだけでも指名料金は1000円かかるし可愛い子を本指名するにしても1時間待ちですとかいいつつ2時間待たされることも多い。

出会い系なら援デリでも相場は1万5000円で本番ができるし延長料金もないし、挿入可能だ。
しかも設定が素人だからカーセックスができるため、ラブホ代もかからない。

超絶ブスだったらキャンセルもできる。
出会い系にいるモンスターの対応

出会い系の男は援デリを避けるようにしているが擦れた素人よりは幾分かマシである。