出会いアプリの悪徳業者とLINEしてみた

   2016/11/05

無料の出会いアプリを入れたら毎日のように業者からLINEに誘導する連絡がきて非常にうっとおしい。

lineの誘導業者

彼氏と別れちゃった LINE ID 〇〇


チャットしよ! ライン アイディー 〇〇


いやいやいや、怪しすぎでしょ。

無料は業者が多い

無料のアプリでも会いたい~なんて淡い期待をして、つまらないアプリを毎回インストールしては失敗しての繰り返し。やっぱり無料で会えるなんて虫のよすぎる話はなく時間がもったいない。

それはさておき今回の本題は、LINEのIDを教えてくる悪徳業者とやり取りするとどうなるんだ?という疑問が浮かんだ。

LINEのIDを教えてくる業者に連絡してみた

勇気を持って連絡してみた結果、驚愕の事実が分かった。相手は生身の人間…ではなく、コンピュータ相手に連絡してるやん。

それではご覧あれ。

LINE業者とのやりとり

LINEにいる業者はコンピュータだった

見ての通り送信はコンピューターで管理しているようで、「あ」と送っただけなのに勝手に会話になるように送ってくる。時間を見ればわかるが、返信のタイミングは綺麗に一分間隔で来る。

そして、最後に誘導されたURL先は危険なサイトではなく、単純にゲームサイトであった。そのゲームサイトに誘導した単価もついでに調べたら報酬は200円。そう、200円の報酬のために女のフリをしてやり取りをしているのだ。

さらに最終的にメールアドレスも貰おうとしている。
LINEでやり取りをしているのに「分からなかったらメールして」とアドレスを教えてくるなんて…アホすぎw
そのままLINEで聞くわw

だが、100人に送ったら全員が無事かと言えばたぶん、2,3人は登録しちゃうかもしれないね。しかもコンピューターの自動応答だから人件費がかかってないし。

LINEにまつわる余談

LINEとカカオができてから、出会い系で会えるのも非常に効率が良くなった。気に入らなければブロックすればいいだけだし、女の子も抵抗なく交換してくれるようになった。

迷惑メールに悩まされることもないし、今回のように業者を試すこともできる

いつかはメールアドレスは滅びるかもしれないなぁ。
そういえば、ここ半年ぐらい出会い系は全部LINEで交換している。
出会い系歴は10年だが、近年の変化はめまぐるしい。

上場企業のmixiでさえ廃っていったのに、それでも生き残っている大手の出会い系はタダモノじゃないな。