出会い系で「LINEやってない」は嘘

   2016/10/31

出会い系サイトのメールで仲良くなってLINEを聞くと、よくある残念な返事がこれ。

私はLINEやってないんだ、ごめんね。


フラれた男

こうなったら何を言っても無駄。

では、カカオかメールアドレスを


そのあとに粘って、聞いてみると。

まだ、あなたのこと、あまり知らないし嫌です


いやいや、それはLINEを断った時に言えよ。
ポイントを無駄に消費させやがって。

この時点でゲームオーバー

LINEをやっていないというのは嘘で、相手はキャッシュバッカーか暇つぶしだ。

キャッシュバッカーとは?

男のメールに料金がか掛かるのを知りつつ、あえてその気持ちを弄ぶ嫌がらせなのだ。

LINEを断られた時点で、無視か無料のマナー返信で「OKです」でも返しておけばよい。

マナー返信の使い方

LINEを聞くタイミング

出会い系サイトで連絡先を聞くのは我慢比べでもある。

流石にすぐに聞くと嫌がられるし、かといってポイントを無駄に消費したくない。
タイミングが悩みどころであり腕の見せ所なのだ。

男の意見からすれば
「LINEなんて交換したあとに嫌ならブロックすればいいだけじゃん」っていう気持ちになる。

でも、女はプロセスを大切にするから
「なんとなく聞き方が嫌」とか「まだ早い」など、大した理由もなく断りたくなる生き物なのだ。

ちょっと考え方を広げると
好きだけど、すぐにセックスさせない女をイメージしてもらえればよい。

そんなピュアなフリをする女は付き合っても苦労するので、粘らずに無視しておくのが得策だ。

「もったいぶりやがって、クソが!」と思う気持ちをぐっと抑え
ポイントが無駄になるので捨て台詞を吐かずに諦めましょう。

出会い系には優しい子もいる

丁寧にやり取りしていれば相手から

出会い系のメールって男はお金かかるんでしょ?連絡先を交換しない?


と言ってくれるケースもある。

男はこういう優しい女と付き合いたいのだし、実際、セフレとして長く続いた。

男はポイントがかかることを知っているので気を使ってくれているのだろう。
何より出会い系サイトを通して連絡するよりも直接やり取りしたほうが女性も手間は省ける。

ってことで、LINEの交換を拒否るような女は無視でいいですよ、ほんと。
次にいきましょ、つぎ!