出会い系でパパ活はやめときな

   2017/06/08

パパ活という言葉が流行っている。体の関係なしで小遣をくれるパパを出会い系やアプリで募集ってアホか!!

スマホでパパ活

金持ちパパは無理

日本はいわずもがな、資本主義であり金持ちパパは競争で勝っている男で魅力的でモテルのだ。
経営者や上流サラリーマンは、例外なく豊富な人脈があり勝手に女が寄ってくる。

だから、金持ちパパは出会い系には存在しないしパパ活するような頭の弱い女を相手にはしない。

抜群のルックスとプロポーションがあるなら金持ちパーティーに参加する方法もあるが、百戦錬磨のライバルも多く難易度は高い。

出会い系にいるのは貧乏パパ

出会い系にいるのは貧乏パパであり、嫁から小遣いを貰う弱い立場にいる。

だから、貧乏パパは、あわよくば出会い系でタダマンを狙って遊ぶのだ。

定期で遊べたとしても月に1,2回が御の字。
ここから先はデートだけなく、セックスも必須だ。飢えてるからね。

パパを育てる!?

不況のあおりで、普通の仕事をしているだけでは余裕のある暮らしができないため、副業でパパ活をしている女も多い。

パパ活攻略サイトなるものまであり、パパを信頼関係で育成するといった内容の記述さえあった。
だが、小娘に育てられる時点で、社会で成功していることはありえないため、間違いなく貧乏である

ママ活は卑猥なワードに

今までママ活は、妊活とかママの人生も楽しむ的なキラキラワードだったが
パパ活がテレビや雑誌で取り上げられたため、それに大義するママ活も、援助交際ワードに成り下がった。

なんとも皮肉な話である。肉棒だけに。

ママ活とは言わずもがな、男が金をせびる側にする援助交際であるが、需要と供給が少ない。

素人娘からの連絡が増えた

パパ活がブームとなって最近の出会い系は、素人の女からのメールが増えた。
援助交際はしたくないけど、金だけ欲しいっていうのを伝えてくる女もいた。

愛用しているPCMAXでもプロフィールに下ネタNGでパパ募集をする書き込みが増えてしまった。

パパを募集する女子大生

最終的に援助交際になる

デートだけで体を売らずにして金を手にするのは不可能に近い。

パパ活の攻略サイトで、不幸や苦学生を装って甘える手法を公開しているが、嘘をついて小遣いを貰うのは詐欺である。デート援じゃなく、デート詐欺だ。

さらに体の関係がないから訴えられやすい。やましいことなしに金だけ盗られたら堂々と被害届を出せる。アマギフ先送り詐欺とかもね。

じゃあ~どうすれば金が入るのかっていうと結局は体を売る援助交際になる。

出会い系サイトはコミュニティサイトというソフトな言葉に置き換えられたが定着せずに出会い系に戻ったように、パパ活も援助交際という言葉に戻る。

神待ち掲示板に神様なんていない。欲にまみれたオヤジたちだ。