YYCがアダルト掲示板を廃止

   2017/01/17

ハッピーメールの社長が援助交際書き込みの放置により逮捕された事件にビビって、YYCがアダルト掲示板を廃止した。さすがmixi、上場企業。起訴されれば株価は大暴落だから対応が早い。

YYCの掲示板の種類

アダルトは復活せず

ハピメの件は不起訴に終わり、出会い系業界には再び平穏が戻ったのだが、YYCはアダルト掲示板を閉鎖したままである。健全化でなにより。めでたし、めでたし…ではなかった。

出会い系は半数がアダルト目的のユーザーである。ということは…

YYCのピュア系の掲示板にアダルトが紛れ込む

なんと、アダルト掲示板の書き込みがそのままピュア系の掲示板に流れてしまっているのだ。もとからピュア系の人たちは嫌気がさして退会している。これはマズイでしょう。
運営もアダルト好きなユーザーの流出は覚悟していただろうが、ピュア系を退会は想定外だったはずだ。

援助交際募集の書き込み

ターゲットにされている掲示板は、やはり「今から遊ぼう」だ。ほかのサイトと比べ、明らかな募集はしていないが、詳細はメールでやり取りすることになるから二度手間だ。

出会い系にアダルトは必要

インターネットはアダルトにより発展してきた。出会い系に求められているのはアダルトを廃止するのではなく、住み分け、フィルタリングだ

逮捕されるからと言って掲示板を廃止するのは安易でリスキーな考え方である。ASOBOも無修正動画を放置して家宅捜索されてからは、アダルト動画掲示板は消えたままである。

どちらの対策も、ユーザーを大量に失うことになっている。

掲示板は必要悪

出会い系の掲示板は元から利用する価値はない。掲示板に書き込まれた女は目立ち、ライバルたちが押し寄せるため、そこから出し抜けるには至難の業である。

掲示板は使わず女をプロフィールから検索して狙うのがセオリーだ。掲示板の閲覧は1ポイントを消費するしね。

だが、掲示板の書き込み件数はサイトの充実を測るにはバロメーターとなりうる。枯れ木でも賑わっていればサイト自体が盛り上がっているように感じる。

それがユーザーの利用の促進を促すし、退会を防ぐことにつながっている。思い切った業者の割り切りの書き込みが、ピュアな女性を「私も頑張ってみようかな」の気分にさせる。

出会い系の花形はアダルト掲示板にあり

不要と分かっていても見てしまう、それが出会い系の花形、アダルト掲示板なのだ

したがって、アダルトとピュアが共存しやすいような環境を構築すべきである。

さらに言うなら、YYCの掲示板1回の書き込みが50円というのもほかの出会い系と比べて高すぎる。

今回、そのアダルト掲示板の存在を邪険にするどころか廃止したYYCは浅慮と言わざるを得ない。

全てピュアな人たちを集めることが不可能であることは、mixiで学べなかったのかなー。