ワクワクDBってなに?

   2017/02/28

ワクワクDBとはワクワクメールの個人情報を見ることができる非公式のデータベースである。

ワクワクDBのトップページ

2011年に作成されて2ちゃんねるの口コミから広がり2013年の時点で13万件もの情報が格納され今でもなお増え続けている。

ワクワクDBの仕組み

ワクワクメールのプロフィール番号

ワクワクメールのプロフィールにはIDが割り当てられていて変更することはできない。このIDに対して情報を入力することでデータベースができるのだ。
入力するのは以下の内容になっている。

  1. ID
  2. 年齢
  3. スタイル
  4. バスト
  5. 都道府県
  6. 場所
  7. 年月
  8. 会っていた時間
  9. コメント

出会い系大手のPCMAX・イククル・YYCはIDを検索する機能がなくPCMAX DB、イククル DB、YYC DB は存在しない。
PCMAXとYYCの各プロフィールにアクセスするとブラウザーのアドレスにIDが表示されるため今後はワクワクメールのように非公式のサイトができる可能性もある。

ハッピーメールはハピメDBという同様の裏サイトが存在しているが、使い方が面倒くさいため登録数も少なく役に立たなかったため2015年に閉鎖した。

ワクワクDBも廃止?

2016年の4月に突然ワクワクの公式サイトがIDを非表示にしたことで、ワクワクDBが使えなくなり終了するのでは?という噂が広まった。
しかし、プロフィールのURLからIDを識別できるため、新IDの入力方法をURLにするという方式になり復活をとげた。

ワクワクDBの新IDの入力

IDの入力コードも変更になった。みたい相手のプロフィールにアクセスし、URLの[rid=]意向の英数字を入力する。

同時期に新たな開発者が新わくわくDBを作っていたが、旧ワクワクDBの新ID対応により終了となった。

旧DBが新ID方式に対応し、混乱を招いているために本サイトは閉鎖する事としました。

ワクワクDBの登録方法

ワクワクDBの登録と利用は無料だが5件の情報を提供しなければ書き込み内容がマスクされて見られなくなる。ギブ&テイクで成り立っているのだ。

ワクワクDBのマスク

登録には書き込むときに誰が書き込んだかの情報は表示されないのでご安心を。
登録した件数に応じて、検索ランキングを見れる特典はあるが役に立たないため、検索が無制限にできる5件の登録をすれば十分である。

データベースに書き込みできる相手は異性のみなので男性で登録した場合は女性に対する書き込みしかできないが内容を見ることはできる。

利用してみた感想

ワクワクDBが開設された当初は地雷を中心に有力な情報が多かったが人気が出るにつれて嘘の情報が増えてきた。出会い系の地雷の対処法はこちら

例えば、お気に入りの子が他の男に取られないようにブスと記載したり、援デリ業者 やセミプロで売り込みたい女が自分を良い評価にする、といった嘘情報も氾濫している。ワクワクDBは信憑性がなくなってきているので参考程度に止めておいたほうが良い。

ワクワクはプラチナが最強

ワクワクメールは入金に応じて、勝手にランクがブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナの順に上がっていき、クラスに応じて公式の特典が受けられるようになる。相手のログイン時間や、通報された回数、メモの内容が見られるようになる。そのためお金に余裕があるならば プラチナの会員 になるのが最強だ。

プラチナになるには10万円の入金が必要になる。しかし、一度プラチナになれば永久にランクは下がらないしユーザーのメモが見られるので偽の情報はありえない価値のある特典となる。このようにワクワクメールには様々な情報が用意されていてヘビーユーザーが有利なシステムになっているのだ。

出会い系の初心者が非公式サイトのワクワクDBに登録したり10万円を払ってプラチナ会員になるのは抵抗があるだろう。したがってワクワクメールを初心者にオススメしない理由にも記載しているが、素人はワクワクメールの利用を避けるべきだ。