アシュレイマディソンをやってみた

   2017/07/29

アシュレイマディソン(ASHLEY MADISON)とは世界27ヵ国で1900万人以上の利用者がいる不倫専門の出会い系サイトである。

アシュレイマディソンのトップページ

しかし、問題を多数抱えているため登録は避けよう。

料金が高い、サクラがいる、退会料金を取る、クレジットカード登録を強制するなど、とにかくひどい。

ブームの終焉

アシュレイマディソンの創設者であるノエル・バイダーマンはアシュレイマディソンが日本の出会い系サイトの勢力図を変えると言った。

おいおい日本人なめんな。不倫サイトなんて大々的に宣言しているサイトなんかに登録しねーよ。

だが蓋を開けると1ヵ月で利用者数32万人突破し、登録者10万人達成まで世界中で日本が一番早いことがわかった。

日本人は不倫が大好きという恥ずかしい結果を世界に知らしめた。

スマホの市場はiPhoneに奪われ、SNSもTwitterとFacebookに奪われた。そして出会い系の市場もアメリカに・・・?

だが、周りで「アシュレイマディソンやってるぜ」って話は全く聞かない。

グーグルトレンドで調べると、アシュレイ・マディソンは既に終わっていた。

検索数のグラフを見ると一目瞭然だ。赤がPCMAXで、青がアシュレイ・マディソンの検索数。

アシュレイマディソンのブームを表すグラフ

アシュレイマディソンはニュースで話題になった1ヵ月だけ検索されあとは尻すぼみで、現在は「PCMAX」で検索する人のほうが10倍も多いのだ。

大反響を呼んでいる海外の出会い系が日本に上陸!
とニュースで発表され、出会い系の存在を忘れていた人も出会い系で不倫をしてみたい!と試す。

で、日本のサイトと比べて料金が高いことに愕然とする。

お試しで5000円かかり、クレジットカードでの支払いのみ。

退会にも料金が発生する悪徳システムなのでクレジットカードの引き落としは解除しても退会しないから幽霊会員ばかりになる。

これが膨大なユーザー数の仕組みなのだ。

不倫願望の多さに世界が驚いた

日本人は情報弱者が多く不倫はしたいけど相手の探し方が分からない。

だから職場の女に手を出すし、テレビで「アシュレイマディソンっていう不倫SNSがありまぁす」ってなると登録しちゃう。

単純に日本人は情報弱者が多いから他の出会い系を知らないだけなのだ。

出会い系は口コミをしっかり調べるべき。

ブログはステルスマーケティングが多いから多角的な意見を述べる2ちゃんねるの評判が参考になる。

アシュレイマディソンは無料では遊べないしクレジットカードの登録も必要だ。

日本の優良な出会い系はクレジットカードなんて不要だし無料のお試しポイントがあるのだが…

使っているユーザーの口コミを調べるとほとんど悪質サイトと変わらないことが分かった。しかも退会時にも金を徴収されるのは意味不明すぎる。

登録してみた

悪徳サイトだろうが、退会時に金を請求されようが世界中で流行している出会い系サイトを体験しないわけにはいかない!

ってことで登録してみたが、プロフィールも書いてないのに大量のメールが。。

まさかこれは…サクラ?

アシュレイマディソンは利用規約でサクラがいることを証明していた。

ユーザーは、サイトに掲示されるプロファイルの一部が当社の「Ashley’s AngelsTM」と連携し、それらが架空であることを認識し、同意するものとします。
Ashley’s AngelsTM の目的は、エンターテイメントの提供であり、ユーザーが当社のサービスを体験することでサービスの利用者を増やすことにあります。

日本の優良出会い系はサクラと根付いているイメージを少しでも覆そうとイメージアップに躍起になっているのに対し、アシュレイマディソンは堂々とサクラいます宣言。的外れも甚だしいわ。

個人情報が流出

アシュレイマディソンはハッキングされて個人情報が流出しクレジットカード情報や住所、写真を全部ぶっこ抜かれた。

退会に金がかかる最悪なシステム であるため、そのまま幽霊会員として残っていた利用者も多いだろう。

自分も登録したままのクチだが、クレジットカードも登録していないし捨てアドだし、プロフィールも適当だし助かった。

女性が30%以上いると公表してたのだが、ハッカーに実際は5%だったと暴露される。もういろいろ終わっている。

出会い系で女の割合が30%こえているようなサイトがあれば、教えてほしい。PCMAXのように料金と男女比のバランスがうまく取れたサイトでも、20%程度しかいないのだから。