Jメールの料金の支払い方法

Jメールの料金の支払い方法

Jメールの男性料金はメール1通70円と少し高めでキャッシュバッカーもいる。

しかし、ログインボーナスやログインガチャなどのアプリとWEB版での二重取りも可能で無料で貰えるポイントが充実している。

結果的に安く遊べている男性も多い

公式サイトのご利用料金にも書かれているが様々な支払方法が存在する。

ポイント還元がお得な方法

  • 銀行振込
  • PayPay銀行
  • ゆうちょ振込

今すぐその場で課金したければ

  • クレジット決済
  • Cクレジット決済

コンビニで明細を残さずに済む

  • BitCash (ptアップ)
  • C-CHECK
  • コンビニダイレクト
  • セキュリティマネー
  • G-MONEY
  • Edy決済
  • NetRideCash

アダルトショップに売っている

  • プリペイドカード(メールカード)

お得な課金方法から既婚者が明細を残さない方法まで、いろいろある。

ただしJメールはキャッシュバッカーが多いため支払いは慎重に。

Jメールで支払いをして失敗した口コミ

Jメールの料金の支払い方法と、無料で貰らえるポイントや消費について解説していく。

Jメールの料金の支払いの種類

Jメールのポイントの支払い

Jメールの料金はトップページのポイント購入をタップして確認ができる。

支払いの種類は、銀行振り込み、クレジットカード、コンビニ購入、Edy、Jメールカードなど多種多様な支払い方法から選択可能で金額が高いほどポイントの還元率が高くなる。

Jメールは業者とサクラがいるためポイントを購入する前に相手がキャッシュバッカーでないか確認しておこう。

10通以上メッセージをしても連絡先を交換できないようならブロックして構わない。

料金も1通70円と相場より高くてコスパが悪い

Jメールの料金はコスパが悪い

銀行振り込み

Jメールの銀行振り込み

銀行振り込みポイントキャンペーン
2,000円200pt300pt
3,000円310pt510pt
5,000円520pt770pt
10,000円1200pt1550pt
15,000円1,800pt2250pt
20,000円2,500pt3150pt

Jメールの銀行振り込みは2000円から可能になる。

手数料が安い振込先を選択しよう

Jメールの料金の銀行振り込み先

振込後、1時間程でポイントが追加されるが銀行休業日の場合は翌営業日扱いとなる。

Jメールは夜間や土日に利用することが多いため、早めにポイントを購入しておこう。

営業時間外に振り込んだ場合は紙の明細書(オンラインのスクショはNG)を運営に見せれば反映される。

ゆうりょは何故か1000円から振り込みができてキャンペーンも2倍になっている。

クレジットカード

Jメールのクレジットカードの料金

クレジットカードポイントキャンペーン
3,000円310pt470pt
5,000円520pt795pt
10,000円1200pt1800pt
15,000円1,800pt2700pt
20,000円2,500pt3750pt

Jメールのクレジットカードの最低課金額は3000円からと高めなのが残念。

ただし、Jメールの年齢確認をする方法に限り、100円で10ポイントの料金が用意される。

ポイントの還元率は銀行振り込みと比べて5000円以上だとお得になる。

クレカの明細はJメールではなく別の請求名称になる。

Jメールのクレカの請求名

決済の履歴は残るがJメールの表記はないため既婚者でもバレない。

退会すればクレジットカードの情報は削除されるがポイントは180日間は保存される。

Jメールの退会するとどうなるのか

アプリの料金

Jメールのアプリ課金

アプリ課金ポイント
1,100円80pt
2,200円170pt
3,300円280pt
5,500円480pt
10,000円960pt

Jメールのアプリの料金はGooglePlayやアップルストアから気軽に課金ができるが換金率が悪い。

1,100円を支払っても80ポイントしかもらえない

JメールはアプリよりもWEBを使うべき理由

アンドロイド版のアプリはGooglePlayから提供がされていないため、銀行振り込み、クレジット決済、コンビニで購入に対応している。

Jメールのアンドロイド版のアプリの課金

キャンペーンにも対応して還元率もアプリより高い。

Jメールのアンドロイド版のアプリのクレカの課金

プリペイドカード

Jメールのプリペイドカードの料金表

プリカポイントキャンペーン
3,000円300pt320pt
5,000円500pt555pt
10,000円1000pt1150pt

Jメールのプリペイドカードは全国のアダルトショップで販売されているが、料金が3000円からと高く、キャンペーンで付与されるポイントも低い。

Jメールのプリペイドカードの料金

購入すればカードIDとパスを入力するだけでポイントが追加される。

Jメールのプリカの料金

クレカや銀行振り込みと違って履歴が残らないため既婚者が利用しやすい。

登録後の料金が安い

Jメールの登録後のポイントアップのキャンペーン

Jメールに登録してから初回の購入は100ポイントのおまけつき。

さらに、一括3,000円以上の購入なら50ポイントがアップして150ポイント。

  • 対象の購入方法のみ適用される
  • 1,000円未満のポイントは対象外
  • キャンペーンは予告無く終了する場合がある
  • アプリで初回購入を行った場合は適用されない

無料ポイントでさらにお得に

Jメールの無料ポイント

Jメールの料金はメッセージの消費ポイントは高いが、無料ポイントや無料チケットが充実している。

  • WEB版のログインガチャ
  • アプリからのログインボーナス

Jメールのポイント消費と貰える無料ポイントにまとめている。

毎日継続して利用すれば、無料でポイントが増え続けるしキャッシュバッカーや業者の特性も見抜けるようになる。

新しい女性も登録し続ける

もちろん、素敵な女性はすぐに退会してしまうが、男性としては続けているだけで出会うチャンスが増える。

料金の課金方法まとめ

Jメールの料金の支払い方法

  • 支払い方法の多様性とポイント還元
    • Jメールでは、銀行振込、PayPay銀行、ゆうちょ振込など様々な支払い方法があり、ポイント還元も充実している。
    • アダルトショップで販売されているプリペイドカードの利用も可能。
  • 支払い方法の選択肢
    • ポイント還元がお得な方法: 銀行振込、PayPay銀行、ゆうちょ振込など。
    • 即時課金: クレジット決済、Cクレジット決済。
    • コンビニでの支払い: BitCash、C-CHECK、コンビニダイレクト、セキュリティマネー、G-MONEY、Edy決済、NetRideCash。
  • 注意点
    • Jメールはキャッシュバッカーが多いため、無駄な課金に注意する。
    • 料金が高いほどポイントの還元率が高くなるが、Jメールの料金は一通70円と相場よりも高く、コスパが悪いとの指摘もある。
    • 無料ポイントの利点
      • 登録後の初回ポイントアップや無料ポイント、ログインボーナスなど、無料でポイントを獲得できる機会が充実している。

    料金が高めでキャッシュバッカーの存在が厄介だが、毎日の利用で無料ポイントを増やし業者を見抜けば出会える。

    © 2024 出会い系マニア